蜻蛉日記
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田園に死す
わけわかんないんだけど
釘付けだった。

一緒に観た人の弁
「これ、君が一番嫌いなタイプじゃん。」
「フェリーニだね、これ。」

そう言えば、「道」はかつて観たよな。

整合性求めちゃ駄目、
ともかく、絵。

でも、どうしようもない悲しみが底流にあって
素通りできなかった。

軽い、浅い、ノリの会話が今では生理的に気持ち悪い。
そういうことに付き合っている時間が無駄だと思う。

得体が知れなかろうが、なんだろうが、
文化の底流を行くような
知的な会話。
それしか今は受け付けない。
かなり我侭だけど、それでいいと思ってる。
スポンサーサイト
沈まぬ太陽
 数年前に原作を読んだ。どうしても観ようと思い、映画を観た。
人は何のために働き、生きるのか、という問い。
自分の人生にぴったりと重ねて観た。

 「矜持」。
同じ一生なら、誇りを持って生きたいと心から思う。
たとえそれが損に見える生き方でも、
ゆずれない思いというのがある。

 3時間半がちっとも長くなかった。
泣きっぱなしだった。

 自分が人生をかけて大切にしてきたことを
本当に書きたいと思った。
でもそれはどんな形で?
・・・そこで考えあぐねている。

「青春の砦」とか、「ミスターチムニー」とか、惹かれるけれど。
自分の創造欲求のみに、正直でいたいな。雑音に煩わされず、それを突き詰めたら、それがどんな形なのか見えてくるかもしれない。
赤い木馬
唐十郎は並の人ではないと思う。多分歴史上の人物になる人なのだろうと思う。
天才。
人付き合いとか常識とか、一般的な価値観など全く必要としない。
ある種超越している。

いわゆる「せこさ」とか、計算高さなんて無縁な純粋さ。

それにしても、唐を呼んだ国大の室井先生ってすごい。そして、唐ゼミのメンバーも半端じゃない。唐先生が大学に登場する木曜の前日は毎週徹夜で稽古って!それを2000年界隈の頃きわめてたってことでしょ?・・・・ある種宗教だな、いい意味で。

確か、京華女子の伊藤弘成先生が、70年代の頃を懐かしんで、女子高で演劇部の徹夜稽古をやってると、夜中の3時に寺山修司が現れてタバコの煙をくゆらせた・・・・なんて書いてたが。思わずそれを思い出した。

唐先生はそれを、吸血鬼のように血を吸い合う関係といっているが・・・

なにはともあれ、ものづくりの根本を、その意味を考えさせられた。
売れるとか、客を増やすとか、ネットを最大限に活用して、とか、それはそれで大事なことだろうけれど、
そんなことより大切な何かがある気がした。

翻ってレベルは低いかもしれないが、
自分自身が、あくまでストイックに、作品作りと役者としての仕事にどこまでこだわれるかということだ。

そこに妥協はない。
でないとここでやる意味はない。

やはり最も大事なのは、「ほんものの知性」。
それがないと、
自分が終演を迎えた作品で役者として何を得たかも認識できず、
感謝すべき相手が誰かも自覚できず、
次の自分の課題が何かも発見できず、
女優として究極自分が目指すのは何かの模索もできない。

そういうことへの関心がないと、
下世話で
卑近で
見当違いな、
「己を知れ!」とはき捨てたくなるような勘違いにつながる。

やだやだおぞましい。
自戒もこめて!


唐十郎にはまった私
 たまたま
先週は立て続けに3本も芝居を観た。

 で、
最初に観た唐芝居「下谷万年町物語」にあまりにも衝撃を受けて、
残念なことにあとのふたつが大変色あせて見えた。

 私、変わっちゃったなあ。

 ま、もともとその傾向はあったけどね。
ますます、濃くて、深くて、ザ、アングラ・・・・路線。

 研ぎ澄まされた知的な深み、それを、ざらざら感とか言っていたけれど、
まさに今それしか求めていない自分がいる。

 お瓢に感情移入しすぎて、
泣いた。
しばらくその余韻で、おかしくなった。
いや、もともと気狂い六子だからおかしいやね。

 劇サロで何度も会った椎野さん。
化けてて
かっこよくて、
ポスト李麗仙。

 妬けました。

 あたしもぼやぼやしていられない。
バレエとタップとジムでメンテナンスしてるだけじゃおっ着かない。

 はじめなきゃ、そろそろ。

 次回作に向けて。

 皆様、乞うご期待!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。