蜻蛉日記
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラダを着た悪魔
寝てもさめても芝居の世界観。そして役作り。
今回ちょっとかっこいい悪役。・・・・・てことは、所作じゃん、もっとも大事なのは。

ガーーーーン。

で、メリルストリープ。

マンマミーヤとは別人。これぞ女優の力量。


ひろこさん、見栄を切れる?
ダンスも同じよ、とは敬愛するバレエの先生のアドバイス。

無様にあがき続けますよ、なぜなら、
1、主役やった前回の血が騒ぐから
2、客演の方々のストイックで真摯な姿勢に大いに刺激されてるから
3、支え、見守ってくださる周囲の方々の暖かさを受け止めたから。



ハイヒールかな、鍵は。
スポンサーサイト
おかあさん。
あなたがそれは大切に手入れして、
おそらく一度も袖を通さなかった着物、
今日着たよ。

雨だし、どうしようかなあ、と思ったけど、
納骨の今日、あなたに見てもらいたくてね。

家族には、
旅館の仲居とか、
何一人で着物着て調子ばってるんだとか言われたけどさ。

そんなの関係ない。
ろくに恩返しもしないで、あっけなく逝ってしまったあなたのために、
私はあなたが大事にしてきた着物を、月に一度は着ようと決意した。
それがあなたへの「供養」だと思ってる。

ね。
今回ほど、「死」が身近に迫ったことはなかった。
おかあさん、
本当にどうもありがとう。

・・・限りある生を、芝居三昧よ。
あなたの、あの世からの小言が聞こえてくる・・・。
でも、好きなことだけするって決めたからさ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。