蜻蛉日記
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やりたいことは人それぞれ
公演終えて一ヶ月。
残務処理に忙殺され、後回しにしてきた仕事と組合活動に追われ続けた日々も、やっと一息。

で。
今考えてることはやっぱり面白い、刺激的な、突き抜けた芝居を創ること。
その中で、女優として今回以上の仕事をすること。
この興味。この渇望。

だから、ジムに行く。今日はピラティスとエアロビクスとふたこまもやっちゃったよ、張り切って。
そして明日はバレエに行く。

やりたいことを心置きなくなくやる。とことんやる。

明日は、片桐はいりのタンゴ、先行予約でとらなきゃ!
スポンサーサイト
女優
昨日、今回公演のDVDを観た。

冷酷なまでにリアルに、
猫背で、やたら靴音がパタパタする歩き方の、無様な私がそこにいる。
語尾が弱く消えかかっているのも、物言いが単調なのも、全部見えてしまう。

アイドルの歌と例の長ゼリ。
何という痛いコスチューム、そしてあきれるような振り付け。バカ全開。

で、極めつけのバレエ。
あんなに手が縮んでるとは思わなかった。
本当に、無様、本当に、奇形。

あの、今だから言うけど、自分では結構かっこいいつもりで悦に行って、踊ってたのよ。
とんちんかんもいいところ。
ま、おどおどせず踊ったって意味ではそれもありかね。

そして何より美しい照明。バレエのコスチュームも美しくて…だからよけいにぶっ飛んだ踊りの迫力が存在感って言ってもらえたのかなあ。

そして。
がつがつとうまい役者、仕事してる役者の演技をつぶさに見る。本番だけなんかじゃないんだな、稽古場で仕事してるんだな、この人たち。ああ、すごいな、と思いながら、・・・・闘志燃やして。

早く金の計算とか面倒なこと終えて(それも大事だけどさ)、女優としての充電しなきゃって切実に思うこのごろ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。