蜻蛉日記
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年の目標♪
*少なくとも月に2回は、登戸から1時間歩いて帰ったあと、観るべきDVDをしらふで観る。

*朝も帰りも30分以上のウォーキングで体力づくりに勤める。

*バレエのれっすんに週1回以上行く。

*丸尾さんの声のれっすんに可能な限り行く。

PSブラックスワンは、ちと辛くて観るに耐えなかった。痛いのとかホラーダメなんだよな・・・絶対観るべきと友人に言われて観たんだけど・・・
スポンサーサイト
土管2011
観て来ました。

相鉄本多で「ぬけがら」を観て、メチャクチャ面白かったのでかなり期待していきました。

佃典彦さんの作品。
若いなあ、この人、しかも、自分が書いた作品に自分で出ていて。
・・・と思ったら、丸尾さんと同い年だそうです。

初日だからか有名な人が沢山来ていて、

なんと!
隣の席に、永井愛さん!!!
ま、丸尾さんに教えてもらわなければ分からなかったんだけどね。
緊張してしまいました。

芝居は期待通りの面白い世界観。
おかしくて仕方ないんだけれど、シュールで、深くて考えさせられる。
魅せられ、引き込まれました。

で、一緒に観にいった陽太からけしかけられたのであえて!
しかも自分のことは全く棚に上げて。

役者の方たちが特に突出して輝いていたようには思えなかった。

ぬけがらは、主役の人の存在感に引き込まれたのを覚えている。

そういう感じがなかった。

特に女の人がな・・・。
不遜だけど。

これって何だろう。
作品の求めるものからしてこれでいいんだろうか。

芝居を観た後、歯に衣着せずに言いたいこと言い合うのがいいな。
そのはてに、大事な方向性も見えてくるからね。

そういう、濃い会話だけをしたい。
人生短いからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。