蜻蛉日記
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バカの壁
この、加藤健一、風間の名作を観た。
あまりにもすごすぎる。

圧巻!!!

加藤健一という人は、何も不自然なところがない。本当に面白すぎて、笑いっぱなし!

ひるがえりほんの10日前に、ある人に、
大変厳しい言葉をいただいた。

そうだよね、芝居というのがこういう事ならば、
自分のしていることは真似事にもならないわけで。
もう、それこそ足を洗って、観る人になった方がいいわけで。

そこがわからずやり続けるのは恥を知らない、厚顔無恥そのもの。
変わりたいという切望はあるけれどそう簡単には変われないという自分の能力の限界もわかるので、
逡巡。
しかも、現実の自分のあれこれを踏まえるとなお逡巡。

がちがちの自分を、どうすれば変えられるのかが、その展望が全く見えない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。