蜻蛉日記
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多分最後の休日!
2月の公演に向けて動き出すが、自分の人生の本編が今までになく多忙になっているので、先の見通しもつかない状況。まあ、子どもが小さいころ気が狂ったスケジュールでやっていたことを思えばやれるか、と楽観的になりながらも、こんなにゆっくりできる休日は今日が最後と覚悟を決めている。
加えて、10年前は、若かったのだ、体が元気だったのだ、どんな無理もきいたのだ、対して今は、それはきかない。なぜかわからないが、この2,3日、あろうことか胃痛に悩まされる。
多摩高の同窓会のあとから。そんなに深酒したわけでもなく、訳あって一次会で失礼したぐらい節制したのにな。なんでだろう。
それで体重が減るのは喜ばしいことだけど、人生において、胃痛はなじみがなかったんだよねえ。胃が痛いって食欲が落ちるって、かなりテンション下がるよなあ。二日酔いでもないのにさ。
と言いながら、胃薬片手に、ワイングラス。胃の痛みもアルコールで緩和!!

それにしても、同窓会で、40年前のあの当時知らなかった話が沢山出てきて、人間の記憶ってあいまいね、と。いやその当時は知らされていなかったのかも。それってある種、ドラマだな、と。

全く、悲しくなるぐらい、お子様で、堅物だった私。
外見はある友人いわく、
「お人形さんのよう」だったんだって。
それもねー、内面とのギャップに苦しんだんだよなあ。

お人形とは程遠い我の強い人間だったんだから、な、あのころから。
ま、いいや。
今は今までにトライしたことのない、既製台本の「主演女優」という課題に全力投球。
シャンソン習わなきゃ。

スポンサーサイト
今までと違う自分になれるのか?
久々の主役。
ラニョミリ13作目の六子以来。つまり2回目。

しかも、あれは自分の書いた本で、それが立ち行かなくなり上村さんの手を借りながらも、自分の地で芝居できたわけで。

今回の役はそうはいかない。
私の最も苦手な、「受け」の芝居がほとんど。

だからあんまり作りこんじゃいけないのかな、と。
事前に考えてガチガチに固めたらダメなんだろうな、と。

もちろん、無様な手、無様な肉体、とかのなにがしかの準備は必要なんだけれど。
やりすぎると固まるんだろうなあ、と、感覚的にそれは自覚。

だからってどうやればいいかは全く未知数。
最後まで苦しむ(苦笑

その延長上で、今回試みているのは、セリフは早い段階で完璧に入れ、
その後は稽古場で感じる、感じるから動く、自分の状態、ふり幅を大きくして、すべて本能的に、を目指す。

自分で書いておいて、
ええええ?そんな本能ないんだけどね。まあ、2がつまでのすぱんながいからじっけんか冒険。
今、極めて気を付けているのが、固定化しない、決めつけない。
自由に自由に、心も肉体も。

それで、一ミリで変化できたら収穫としよう。
苦しくも楽しい芝居稽古。明日が楽しみ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。